福岡 パーソナルトレーニング福岡 パーソナルトレーニング|隠れ家スタジオPECC

体のお悩みがある方お気軽にお問い合わせください

080-2777-6634

営業時間:10:00〜20:00

店長プロフィール

私は小学校3年生の終わりから大学4年の卒業まで 約13年間サッカーを続けてきました。
小学生・中学生の時は週に4回サッカーの練習や試合 残りの3日間も、
町内会の公園でサッカーをして遊んでいました。


高校で部活動に入り、年にお正月とお盆の計2日以外は 毎日サッカーに明け暮れていました。
大学に入り、初めて県外で一人暮らしをしながら、サッカーに取り組みました。
関東や関西から集まった仲間が多く 今までにない、新しい刺激を受けながらサッカーができました。
プロのサッカー選手になることが夢で 13年間サッカーを続けてきました。
でも、自分にプロのサッカー選手になる資格がないとわかった大学4年生
今まで当たり前にしていたサッカーができなくなる
なぜなら、サッカーでお給料がもらえないなら、他の仕事をしなくてはならないからです。



学生生活から卒業し、社会人になるケジメをつけなければならない。
サッカーを当たり前のようにしてきていたのでサッカーから離れよう、
未練が残るのでキッパリ辞めようと決めました。
そして、就職した先が呉服屋です。
なぜ、呉服屋に入ったのか?というと、
大学を卒業する際に、サッカーを辞めるのなら必ず、経営者になろうと決めました。
そして、この呉服屋は若くして店長経験を積むことのできる会社だったので、
店長経験、経営者経験を積みたくて、入社しました。


100年続いている、101年目の新卒社員でした。
全国に500以上の店舗があり、売り上げも業界で1番でした。
その会社が、なんと4か月後に倒産してしまいました。
やっと仕事に慣れてき、やる気も湧いてきた時期でした。
何とも言えない、やるせない気持ちでいっぱいでした。
当時は高知県に転勤で住んでいました 思い出を作る時間もなく、福岡へ戻って気ました。
福岡へ戻り、どうしようか?考えすぐに再就職すれば、新卒採用扱いになったのですが、
せっかくの機会、色んな経験がしたいと、いくつかアルバイトをしました。
まずは、ガソリンスタンド 「オーライ!オーライ!」と 声を出すと気持ちいいかな?と思い始めてみました。
飲食店もかかせないか?と思いやってみました。
ホテルの中にあるレストランのホールです。
身だしなみもカッチリし、静かな雰囲気のキレイなレストランでした。



いくつか、アルバイトを試しているうちに フィットネスクラブに目がいきました。
その時は、さすがに迷いました。
スポーツ関係、、、 この仕事をすることで、またサッカーを思い出すんじゃないか?
そう思ったからです その時に、高校時代を思い出しました。
僕の高校時代は最悪でした サッカーをしにきたのに、走るだけの練習、
サッカーの練習があっても、3年間同じ練習をひたすら繰り返すだけ。
気合いだ根性だ、とにかく走らされるだけ 僕の中では、とても凄いギャップを感じました。
サッカーの知識が全くない、
故障を繰り返すメンバー達 サッカーをしている、
充実感はありませんでした。
スポーツをするとき、トレーニングをするとき正しい知識で教えて欲しい、
自分の望むものを提供して欲しい。
そう思う利用者が多いんじゃないか?と思いそのような方達の、サポートができたらいいな、
自分のように、苦しむ人が少しでも減ればいいな、
そう思い、アルバイトからですが、入社させていただきました。


入社し1年後、仕事にも慣れお客様の顔や名前もたくさん覚えインストラクターの資格をとることができました。
スタジオで30~40人の前に立ち、音楽に合わせ動作を教えながら、一緒に運動をする役目です。
参加者が動けなくなるのは、自分の教え方伝え方が悪いからです。
参加者の皆さんが、安全に楽しくできるサポートをする。
安全に行う為には、わかりやすく伝えなければならない
本当にたくさんかんがえる事がありました。
「わかりにくい」
「何て言っているのかわからない」
「もっと前もって言って欲しい」
など、色んな声をいただきました。
仕事が終わった後に、1時間2時間練習するのは当たり前、
車や移動中に聞く音楽は、レッスンで使う音楽だけ
慣れるまでの2~3年は、そんな生活でプライベートもほとんどありませんでした。
自主練習は当然給料が発生しませんし毎日ずっと同じ音楽を聴いていて、
おかしくなりそうでした。
これだけやってるのに、何でこんなこと言われなきゃならないんだ
これだけやっているのに、返ってくる物はこれだけ、、、
そう思うと辞めたくなることなんて、何度もありました。
それでも、自分の支えは レッスン後の参加者との会話の時間でした。
「今日も楽しかったよ!」「しっかり汗がかけたよ!」 「上野君が楽しそうで、私も楽しかった!」「いつもありがとう!」
そんな言葉たちが、自分を支えてくれました。
僕の2倍以上の年齢の方から 「先生」と呼ばれる事もたくさんありもっと自分にできる事があるんじゃないか?
そう考えるようになりました。
その延長上で、グループ指導だけではなくマンツーマン指導ができるようになりたいと思いました。
このような目的でレッスンを行います。
希望の方は集まってくださいね。
というグループレッスンからアナタの個人的な希望を叶える、マンツーマン指導へ


個人的な、ダイエットやボディメイク、筋力UPや競技力アップ そんな目的を直に、解決できるものを提案できるようになりました。
そして、転機を迎えました。
たくさんの運動指導に携わり、自分のトレーニングもしているとやはり、サッカーへの想いが溢れてきました。
今更サッカーでお金をもらえるなど、甘い考えはありませんでしたが社会人のレベルの高いチームでできないか?
そう考え 本格的にトレーニングを開始しました。
学生時代で、ストップしていたので年齢を重ね、急にハードなトレーニングを開始したので腰を痛めてしまいました。
立ち仕事なのに、3分も立っていれば 何かに寄りかからないと、立っていられない、
常に、腰のハリや違和感、痛みを抱えながら日常を送っていました。
職場にいる、トレーナーの先輩たちに相談したりインストラクターの先生は、専門学校の講師をしている位、知識が豊富 色んな話しを聞かせてもらいました。
そして、整骨院にも週4回位のペースで通いました。
9か月位過ぎても、僕の腰痛は一向に良くなりませんこんなに恵まれた環境にいながらも、、、
僕はこの先、一生腰痛に悩まされ生きていくのだそう諦めかけていました。
ずっと悩んだ結果、自分で勉強して治そうと思い色んな勉強会に参加してみました。
学んだことを自分の身体で実践してみる。
それを何度も繰り返していると腰痛が解消される方法に辿り着きました。
それを実践すると、自分の腰痛は解消されていったのです。
今までの苦労や悩みが嘘のようでした。

こんなに悩んでいた、苦しかったことを解決できる人がいる
それが、僕にとっての転機でした。
今まで以上に、パーソナルトレーナーという仕事を本気で、将来も続けていく仕事として捉えるようになりました。
そして、そこで1つのカケをしました。
いつも勉強しようと思ったときキャンパスノートを5枚セットで購入していました。
でも、1度も1枚のノートをキレイに使い切ったことはありませんでした。
そこで、5枚セットではなく、1枚だけ購入しこのノートを、もし、キレイに使いきったらパーソナルトレーナーとして独立し、この道を極めていこうと思いました。
すると、1枚どころか1年で20枚近くのノートを使い切りました。
1枚目のノートを購入し、約2年後に独立をしました。
そこから約2年後の2016年3月31日に隠れ家スタジオPECCをオープンする事になりました。