福岡 パーソナルトレーニング福岡 パーソナルトレーニング|隠れ家スタジオPECC

体のお悩みがある方お気軽にお問い合わせください

080-2777-6634

営業時間:10:00〜20:00

ゴルフトレーニング体験は、ご自身のスポーツ歴の棚卸し~福岡 パーソナルトレーニング 大野城市~

 

 

 

ゴルフトレーニング体験は、ご自身のスポーツ歴の棚卸し~福岡 パーソナルトレーニング 大野城市~

 

 

 

 

 

 

 

「まったく、こんなところ意識しとらんやった!」

 

驚いた表情で、関心を持って僕の話しを聞いてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ここの筋肉を今まで、まったく意識したことがなかったです。

 

この筋肉を使うだけで、全然バックススイングの身体の動きが違います。

 

とてもスムーズで、力が抜けているのに、しっかり力が入る。

 

たった一つのエクササイズで、こうも変わるなんて、不思議っすね」

 

そう話してくれたのは、30歳前後の男性Tさんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフを本格的に始めたのは、ここ3年。

 

その前は、1年に1回納会でラウンドする位で、納会前に数回打ちっ放しに行く程度。

 

ここ3年は、1~2ヶ月に1回はラウンドする頻度。

 

アベレージは96、最高スコアは86。

 

ドライバーが調子いい時はスコアが伸びるが、安定しないことが課題。

 

安定しているときは、270~300ヤードはいくそうでした。

 

とくに、バックスイングのトップが安定しないので、現在はトップの高さを低くし、フェアウェイ率を上げることを重視しているため、飛距離が伸びない。

 

そんな課題を持っている方でした。

 

 

 

 

 

 

 

スイングを見させていただくと

 

インパクトからフォロースルー、フィニッシュへの、上半身の動きは

 

スムーズで、キレイに見えました。

 

高校野球で甲子園にでたほどの実績のある方で

 

野球のバットスイングのおかげで、キレイな状態でできていることが、うかがえました。

 

 

 

問題は、下半身の動き。

 

Tさん、スイングを見させていただき、ありがとうございます。

 

上半身の動きはキレイにできていると想います。

 

バックスイングから、インパクト時の背骨

 

フォロースルーからフィニッシュまでの背骨の動きも良かったですよ」

 

安心した表情で、話しを聞いてくれた。

 

「下半身の動きがよくなれば、さらに良いスイングができるようになると想います。

 

重心移動は、さっき質問いただいたように、移動します。

 

バックスイングの時に右に重心は移動しますし

 

バットスイングからフィニッシュにかけて、左に重心移動します。

 

その際、どのように重心移動しているか?が重要になります。

 

骨盤から移動はしていますが、その時に上半身が上手く移動できていません。

 

それは、下半身の使い方が改善できれば、上半身も改善できます」

 

「なるほど、そうなのですね」

 

Tさん、もう一度スイングしていただいていいのですが

 

アドレスからバックスイングに行く時に、どこを意識していますか?

 

ちょっと確認していただいてもいいですか?」

 

そうお願いすると、ゆっくりと

 

自分の身体をどのように動かしているのかを

 

丁寧に確認しだした。

 

 

 

 

 

 

 

「ここを、引くようなイメージで意識していますかね、、、」

 

と、話しながら、股関節の前を指した。

 

Tさん、ありがとうございます。

 

よくゴルフで聴く言葉で

 

『腰で振れ』

 

そう聞きますが、聞いたことありますか?」

 

「そうですね、やっぱり腰が回らないと

 

バックスイングもフィニッシュも上手くいかないし

 

やっている人からは、よく聞く言葉ですね」

 

「ですよね、僕もゴルフを始めた時、よく言われていました。

 

腰が回っていない、腰をもっと大きく回せ。などを

 

でも、これって、実は違うって知っていましたか?」

 

と、聞くと

 

驚いた表情で

 

「えっ?!そうなんですか?」

 

と、聞き返してきた。

 

 

 

 

 

 

 

「腰で回すっていうのは

 

骨盤と肋骨の間にある、背骨を指していますよね。

 

この背骨を腰椎と言います。

 

この腰椎を回すことが、腰を回せという意味ですが

 

実は、この腰椎、動かしたらダメな部位なんです」

 

そう伝えると、とても困惑した表情で

 

疑問だらけなのが、伝わってきた。

 

「この腰椎を回すと、腹筋周りの筋肉が捻じれます。

 

これだと、腹筋群の力が発揮できない状態になり

 

パワーもなければ、安定もしないスイングになってしまいます。

 

では、どこを回せばいいのかというと

 

『骨盤』なのです。

 

そういうと、「何だ、骨盤かよ、俺は回しているよ」

 

そんなことを思う方も多いのですが、ほとんどの方が、実は回っていません」

 

「その骨盤を回せるようになるには、どのようにしたらいいのですか?」

 

「ご質問ありがとうございます。

 

そこが、一番気になりますよね!

 

それは、言葉で伝えても、身体が反応しないと意味がないので

 

トレーニングで、身体でしっかりと体感してください。

 

では、トレーニングをしてみましょう!」

 

「わかりました!」

 

と、気合の入った声で、トレーニングにはいった。

 

 

 

 

 

 

「めっちゃ効きますね、コレッ!

 

今まで、こんなところトレーニングしとらんやった

 

野球で筋トレしても、こんなとこ知らんやったです」

 

とてもキツそうな中、楽しそうに苦しそうにトレーニングをしていました(笑)

 

OKです!

 

一度立って、さっきの片足立ちのバランスを確認してください」

 

そう言って、トレーニング前と後での違いを確認しだした。

 

「うわっ、全然違う、すぐにわかる、右足にめっちゃ力が入る!」

 

そう教えてくれました。

 

「そしたら、次に、もう一度スイングをしてみてください」

 

ゆっくりとスイングをしだした。

 

「やっぱりこれも違う!右に重心が乗る!

 

下半身が安定するから、上半身の力が抜けるけど、力が入る!

 

絶対にこれは、飛距離が伸びる!」

 

トレーニング前と後での、身体の変化がしっかり体感できたようです。

 

「このトレーニング凄いですね!

 

学生時代に、毎日トレーニングしていたからわかります。

 

自分の身体が変わるのが、凄くわかります。

 

これは、トレーニングをしていた人は

 

全然違うことが、絶対にわかりますよ!

 

ゴルフに限らず、どの競技にも通じると想います。

 

やっぱり、技術の前に

 

こういった、身体の土台が必要ですね。

 

現役の頃に思っていたのですが、今回また再確認できました。

 

ありがとうございます!」

 

そう言っていただいた、とても嬉しい瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

たしかにゴルフに限らず、どのスポーツでも想います。

 

技術の土台は、身体だと。

 

身体の支えが合って、初めて技術は活かされる。

 

今回のように、スポーツ歴が長い方には

 

ご自分の、身体の「棚卸」をしていただきたいと想っています。

 

何度もスイングしながら、トレーニング前後で

 

ご自身の身体と会話することがあります。

 

その際に、自分の身体が、どのように動いているか

 

しっかり把握できる時間になります。

 

そして、正しい身体の入力をする必要があります。

 

入力をする際にも、自分の身体の動きを把握できなければ

 

入力が難しくなります。

 

しっかりと、ご自身の身体と向き合いながら

 

新しい発見を、空いた棚に入れてください。

 

 

 

 

 

 

 

⇓ トレーニング体験の申し込みはコチラから 

 

お問い合わせ

 

 

ブログ一覧に戻る